404エラーページを指定する.htaccess設定

ErrorDocument 401 /error/401.html … 認証に失敗した場合のエラー
ErrorDocument 403 /error/403.html … アクセス権限がない場合、デフォルトファイルがない場合のエラー
ErrorDocument 404 /error/404.html … ファイルが見つからない場合のエラー
ErrorDocument 500 /error/500.html … サーバーエラー(CGIの設定ミス時など)

サーバーから返されるエラーメッセージを、自分で作成した内容に変更することができます。

例えば、アクセスした場所にページが存在しないと「Not Found」または「ページが見つかりません」といったエラーメッセージが表示されますが、このメッセージのかわりに、あらかじめ用意しておいたページを表示させることができます。

ErrorDocument 404 /error/404.html

上記の例は、404 のエラー(ファイルが見つからない)が発生した場合に、404.html を表示するように指定しています。

表示させるファイルのパスは、次の例のように青い部分のみを指定します。

http://www.systemania.biz.com/error/404.html この場所にある場合は、

ErrorDocument 404 /error/404.html

http://www.systemania.biz.com/~aeg/error/404.html この場所にある場合は、

ErrorDocument 404 /~aeg/error/404.html

ソースコード

あなたの .htaccess ファイルにコピーアンドペーストしてみて下さい。

 

.htaccessを利用したその他の設定を確認する

SSIを使いたいときの設定 |  CGIを使いたいときの設定 |  デフォルトインデックスファイルの指定 |  ファイルリストの表示非表示 |  エラーページの振り分け |  アクセス制限

便利ツール
パスワード生成ツール
┣ パスワード生成ツール(改)
IPアドレス確認ツール
┣ 文字数カウント
┣ QRコード作成
┣ htpasswd生成
┣ メールアドレス暗号化
IP⇔ドメイン相互変換

公開ソース
環境変数表示
携帯振り分け [ .htaccess ver ]
┣ 404ページチェッカー
┗ メアド暗号化(JS版)

基礎講座
htaccess
┣ php
┣ javascript
┗ サーバー/ドメイン

SEO対策 大阪